<空想科学祭>レビュー・感想掲示板


[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[113] ファーストアース脱出報告書・尚文産商堂 Name:尚文産商堂 HOME Date:2008/10/04(土) 14:06 [ 返信 ]
ファーストアースからなぜ人類が逃げなければならなかったのか。なぜ、あの惑星は強酸性の大気になってしまったのか。ファーストアースから脱出した最後の部隊が残した報告書。

[114] 追記 Name:尚文産商堂 HOME Date:2008/10/04(土) 15:37
・短編です。
・これで、空想科学祭向けの作品執筆を終えたいと考えています。
・でも、もしかしたら掌編ぐらい作るかも…

[152] れびゅー Name:卓紙幣 Date:2008/10/17(金) 19:29
前作のストーリーの背景や世界観を余すことなく伝える、とっても親切な内容だ。
手応えのない事の例えに『糠に釘』とか『暖簾に腕押し』とかいうが、『スライムに剣』もほぼ同義語だろう。たとえその剣が、妖刀村正や聖剣エクスカリバーであったとしても、相手がスライムであれば絶対に斬ることは出来ないのだ。(いや、厳密に言えば一応切れるのだが、またすぐにくっついてしまうのだ)
おまけに人を溶かし、強酸を出すというのだから始末が悪い。そんな嫌なヤツは、いっそ水洗トイレにでも流してしまえばいいのだ。
ところで、未来世界を舞台にしたSFを書くとき、最初に取り掛かるのが架空の年表作りではないだろうか。人類の輝ける未来が、どういった経過を辿りながら発展していくのかを空想するのは、実に楽しい作業だ。この作品も、人類のその後の歴史を読むだけでワクワクしてしまう。
テロ、経済危機、環境破壊と未来に対してマイナス要素ばかりが目立つこの現実の世界が、どうかワクワクするような素敵な未来とつながっていて欲しい、と心から願ってやまないのだ。


[273] 感想 Name:天崎剣 Date:2008/10/26(日) 03:11
やっぱり、文末が気になるところ。丁度、興味なくて殆ど寝てた歴史の授業を聞いている気分になってしまいます。
コレだけの内容なのに、ぼんやりとしか分からない描写不足が大変惜しい!!

年表、具体的事項の説明はありがたいです。が、一番読者が必要としているのは詳しい状況説明や背景描写、心理描写ではないでしょうか。
文末がなせる業なのか、どうも淡々として、盛り上がりに欠けます。もっとスリルを、もっと情熱的に、と思ってしまう私はこの話を読むには向かないのかもしれません。

どうしても最初にしがちな世界観の説明を思い切って全カットするくらいの勇気を持って欲しい。
スペオペに限らず、SFはどうしても専門用語、専門的知識の羅列になりがちだけれども、そういうのは読者を突き放すことに他ならない場合が多いのです。
例えば、「説明書を全部読まないと始められないゲーム」より、「とりあえず簡単な操作方法がわかって、分からなくなったら説明書読んでみようかと思わせるゲーム」の方がとっつきやすいですよね。
小説に限らず、世の中全部そうなのですけど、初心者にも優しい、わかりやすい、説明がくどくない、コレが面白くするための大原則です。

結局のところ、全作から引き継いだ「奇跡の種」は特に必要なかったのではないかということも最後に付け加えなければなりません。
小道具として必ず必要でなければ、短編作品には無理に出すべきではないと考えます。
筋書きの精査、特に起承転結、物語上で重要なキーワードなど、磨けばもっとよくなる作品だと思いました。

最後に、やっぱり、こういう知識がないとスペオペは書けないよと、見せ付けられたことは衝撃でした。専門知識の多さに頭が下がります。
今後とも、より面白いスペオペ作品を世に送り出してくださいね。本当に、お疲れ様でした。


[356] RE:ファーストアース脱出報告書・尚文産商堂 Name:じょーもん Date:2008/10/31(金) 12:18
 えっと、どっちにコメントしようか悩んだのですが一括コメでこちらへ。

 好き嫌いがきっかりわかれるのが「デューン砂の惑星」ですが、あれを目指すのかそうでないかが、私的には問題にしたいところ。つまり壮大に展開させようという目論見がある、一つの世界で繰り広げられる話を楽しむために、設定マニアが齟齬が無いよう、漏れが無いよう料理するための設定集にすぎないのか、これが一つの作品だとするかということだ。例えば、インフィニティ主役で、彼(でいいのかな)の前をショートサイクルで生まれて死んでいく様々な人間たちとの関わりをエピソードとして積み重ねていく方式ならば、これはイントロダクションとして十分に機能すると思う。長編マニアとしては、そうであって欲しいものだ。
 しかし、これだけで終わるならば、ここまで詳しく歴史やここでの宇宙の理について、御報告いただかなくても十分である。

 私なら幸運の種が、あのファンタジー超大作の例の「指輪」みたいに機能する手法で、エピソードを畳みかけるように展開したいなぁ。どうにもここまでこの世界をきちっとレクチャーいただいたので、二次創作したくなる気がします。

[370] 御返信 Name:尚文産商堂 Date:2008/11/01(土) 22:44
みなさま、コメントやレビューなど、本当にありがとうございます。
未だに初心者である私ですが、この企画を受け、さまざまな人たちからさまざまな温かいご意見をいただき、本当に感謝しています。
2次創作に関しましては、本作以外の私が著作権を有する小説であれば、どのようなものも大歓迎です。
その際は、ぜひとも読ませていただきたいと思います。


  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace