<空想科学祭>レビュー・感想掲示板


[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[12] さんすうリズム / あゆみかん Name:あゆみかん HOME Date:2008/09/01(月) 19:54 [ 返信 ]
【タイトル】 さんすうリズム

【作者】 あゆみかん

【URL】 http://ncode.syosetu.com/n9816e/

【あらすじ】

天才ゆえに理解してもらえず苛立ちながら過ごしてきた幼少。年月をかけて得たものは弟子。

忘れかけて諦めかけていた時間が、今再び動きだす――

9つの数字・性質と哲学に関心のある方にもどうぞ。

【感評の甘口/辛口】どちらでも〜
 こちらにお付け頂いた感想には返信しないスタンスで行こうと考えておりますので、お気を使わずご自由にお書き下さいまし(見苦しい荒らしは容赦なく消しますが)。

※10/31をもって企画祭終了となりました。感想&レビューを書いて下さった方、投票をして下さった方、管理者様など。全ての方へ、御礼を申しげますとともにSFの今後の発展を願います。広まれえい(とあー)。
 ではまた、SFで。
 ありがとうございました(ペコリ)。

※ブログも宣伝用に ありますので どうぞです(漫画版公開中)。
 http://ayumanjyuu.blog116.fc2.com/blog-entry-109.html



[94] れびゅー Name:卓紙幣 Date:2008/09/26(金) 22:10
『もしもピアノが弾けたなら』という古い古い歌があったが、もし私にイラストの才能があったなら、ぜひ、あずさを描いてみたかった。つい、そんな気にさせてしまう、とっても可愛いキャラクターなのだ。
SFとしての世界観が奥深いので、コミカルな表現にも緊張感を欠くことがない。(ただ、チャイムの音だけが妙に脱力感をさそうのだが……)
自分は、NHKのアニメ『電脳コイル』が好きだったので、バグ化したモンスターという設定には思わず狂喜してしまった。
それにしても、この作品における戦闘シーンは、キュートで、ポップで、そして頭脳的だ。
もしかしたら作者は、作品のゲーム化をも視野に入れているのかもしれない。(そうなんですか?)
発売されたら買ってしまいそうな自分がコワい……


[184] RE:さんすうリズム / あゆみかん Name:俊衛門 Date:2008/10/20(月) 13:57
まず、発想が面白いと思いました。万物の根源は数字……これはある意味、現代のこの世界でも真理なのですが、それがバグ化したモンスターという設定には心躍らされました。
結構シリアスな路線なのに、作者様の筆力が成せる技なのか、コミカルなカラーも取り入れて(ギドンだとかチャイムの音だとかw)、湿っぽくなりすぎないテンポのよさが好みです。かといって、SF的な理論の構築にも隙がない。SF好きの人とSF初心者の人、両方を引き込む味があると感じます。

この二人の後日談というか、続編のようなものが読みたくなりました。あ、あとゲーム化したら自分も買いますw


[193] RE:さんすうリズム / あゆみかん Name:藤村香穂里 Date:2008/10/20(月) 20:17
先に漫画で読んでしまいました。
なので、文章で読むときも漫画のキャラのイメージで読み進めました。
コミカルでエンタメ性があって、面白く読ませていただきました。
なんだか、シリーズになりそうです。
イラストがゲームの箱に見える……。


[207] RE:さんすうリズム / あゆみかん Name:酢コンブ Date:2008/10/21(火) 19:04
9つの図に興味があるため拝読しました。
ですが私には文章が荒っぽく思えてしまい、冒頭から置いていかれてしまったので、先に漫画を読ませて頂くことに。
漫画を読んでから小説を読むと、漫画を小説化したシーンが荒っぽくなっていることに気づきました。漫画にはないシーンだと描写も増え、読みやすさと解りやすさが増していたと思います。

漫画を読んだ時は置いていかれるという感じはありませんでした。恐らく作者様は漫画のテンポのまま小説化なさったのでしょうが、個人的には少しテンポを緩めて小説化するくらいでも、漫画のテンポと同等に感じるのではと思いました。

漫画にはないシーンが加わったことで、物語としての厚みが増えていて、内容的には興味深かったです。


[310] RE:さんすうリズム / あゆみかん Name:雪鈴るな HOME Date:2008/10/28(火) 23:56
アニメのような物語だと思って読んでいたら、きちんと説明があったので読んでいて楽しかったです。
音やリズムって言葉のように聞こえる時があるんですよね。
今もカナリア諸島で使われている口笛言語があります。
ポリプロピレンは、雪鈴的にとても印象がよかったです。

「黄玉の光子砲弾」のレビュー有り難うございました。
今後のご活躍と発展をお祈り申し上げます。
執筆お疲れ様でした。


[320] RE:さんすうリズム / あゆみかん Name:葛城 炯 Date:2008/10/30(木) 05:00
 数学が全ての根源であると考えたのはヒルベルトだったかな?
 『ヒルベルト・プログラム』なんてコトを進めていたなぁ……
 最もそれはゲーデルの『不完全性定理』で否定されてしまったのだけど……
 とはいえ、昨今の数理物理学は数字(数式)だけで物理の全てを解き明かそうとしていんだけど……
 (最近のノーベル物理学が最たるモノで全て数式による証明)
 その実験がLHCなんだけど事故で止まっているなぁ……
 なんて事を考えながら読みました。
 着眼点は良いと思います。
 私も以前挑みましたが、駄目でした。(数学が根源という世界)
 感想になって無くてすみません。

[327] RE:さんすうリズム / あゆみかん Name:じょーもん Date:2008/10/30(木) 13:42
 数字に弱い私にコメントする資格は無いと思いつつ、足跡を残しておくことにする。

 読んでいて思ったのは、漫画やゲームのノベライズということを挑戦されたものの、やはり漫画の手法を引きずりすぎてるなぁということでした。
 漫画のコマの端に、妙な拘りをもって冗談や仕掛けや種明かしをちょいっと置くのは楽しいと思います。私も嫌いじゃないですし。でも視覚情報というのは全体認識が可能なのです。(それが漫画の強み)文字というのはある1点において必ず「一本で流れる」という呪縛があるのです。さまざまな遊びを散りばめられるとストーリーを追いきれずに迷子になってしまいます。(遊ぶなとは言っていませんので念の為)思いきって捨てるべきところもあり、新たにつくりだす必要があったところもあったのではと思います。

 バグるとモンスターができる事実。バク化から原点へ再生できるということ。たった一人存在。未来へ光りさす。‥‥(=。=;えっと。
 すみません、ヒキの部分、ちゃんと読んで分かることができませんでした。修行します!m(__)m

[367] 感想 Name:天崎剣 Date:2008/10/31(金) 23:20
非常に面白かった。発想が特に。
だけど、どうも少女漫画の域から出て来れてないのが残念かなァ。
私も昔は少女漫画を描いていたので、こういうノリは分かる。でも、出来るだけ文章で魅せて欲しかったと正直思ってしまう。
擬音、あずさの天然っぷり、「……」の多様、どれも漫画から抜け出ていない気がする。
せっかくの世界観も、(もちろん文章は読みやすいんだけども)なんだか軽く見えてしまって、勿体無かった。
漫画は漫画でしか出来ないことを、小説は文章でなければ出来ないことを。そういう意識をもう少し強く持てば、更に磨きのかかった面白い作品になりえると思う。



  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace