<空想科学祭>レビュー・感想掲示板


[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[127] ザ・ライダー・プール Name:じょーもん MAIL HOME Date:2008/10/12(日) 01:44 [ 返信 ]
キリッと短い短編を目指したものの、世界観を現在進行中の作品のモノを使ったがために、ふえるふえる。
「どこが短編なんじゃ!」と突っ込まれること必至の長さになってしまいました。

いつもは暗くて深刻な話になってしまうのですが、もうお祭りですから、楽しくエンタメを目指しました。
成功していればいいのですが、どうかなぁ。
読んでくださった皆さまに、少しでも面白かったと思っていただけたら、とても嬉しいです。

[134] れびゅー Name:卓紙幣 Date:2008/10/13(月) 21:27
文字数が予想していたのより一桁多かったので面食らったが、面白かったので1日で読み切った。(ほぼ半日かかったが……)
作品の完成度は高く、作者の持つエンターテイメント性も遺憾なく発揮されていて、胸を張ってお薦めできる内容だ。
まず着想が豊かというか、どうやったらこんなストーリーが思いつくのか? と感心してしまう。
また、プロットがよく出来ていて、ところどころ1人称の視点を巧みに変えながら、キャラクター1人1人をその人生の背景まで深く掘り下げている。
とくに、緊急事態になると燃える高柳、突っ込み野郎の霧島、情報収集偏執狂の斉藤という際立った個性のキャラクターが協力して困難に立ち向かうというワクワクさせるような設定は、浅田次郎の『きんぴか』を彷彿させる。加悦とジョーの新人コンビもアンドロイドでありながら人間味あふれる愛すべきキャラクターであるし、ザキおねえさんとパンピー柏木の励まし合いながらのマッチョな掛け合いも微笑ましい。
表現力も豊かで、無重力になったライダープールでの描写などは、想像力だけでここまで書けるのか! と唸らざるをえない。
SF的な設定も緻密でかつユーモアがあり、ジョーが足方向に飛ぶ説明などは吹き出してしまった。
崇、美咲、遊星とその親たちの悲哀と愛情がこもった物語は、男性作家には書くのが難しいほどメンタリティに溢れ、作者の筆力が何やら羨ましく思えてため息が出た。
ちょっと気になったのは、カッコの多さで、もちろん効果的な使われ方をしてはいるが、あまり多用すると読んでいて疲れる。あと、誤字はかなりあった。暇な折にでも修正してほしい。


[135] RE:ザ・ライダー・プール Name:じょーもん MAIL HOME Date:2008/10/13(月) 22:39
ご評価ありがとうございました。
誤字……やばい。
時間が足りなくて、校正していないのがバレてしまいました。
早々に読み直しをしたいと思います。
ありがとうございました。m(__)m

[332] RE:ザ・ライダー・プール Name:mintel Date:2008/10/30(木) 22:50
 非常に面白かった。
 緊急事態を扱った作品なのに、どこかしらほのぼののほほんとした雰囲気なのはそれを狙ってのことと思う。が、掴みが弱い。人によっては読み進めようと思わないかもしれない。
 それから無駄かなと思われる部分が散見される。三人称で問題ないと思われる、タカさんパートの一人称もなぜなのか、作者の意図がわからない。
 しかし、人間ドラマとしては秀逸だと思う。


[336] RE:ザ・ライダー・プール Name:じょーもん Date:2008/10/30(木) 23:31
 掴みが弱いと言われると、「そうなんです!っ、病気の直し方教えてくださいっ」と言いたくなります。本当に書きたいシーンや書きたいどこかに、どうやって一気に持っていけるのかは課題の部分です。よく面白いと思えるまでに時間が掛かりすぎるというお叱りはちょうだいいたします。
 無駄に長いという御指摘についてはその通り! 商業目的で書いていませんので、書きたいシーンを書きたいだけ書いております。もっと短くしろと文句を言いながら、グイン・サーガ(栗本薫著)に20年超過でリアルタイムに付き合ってしまうような人間ですのでごめんなさいっ。今回は企画締め切りに間に合わせるように後半削りまくりましたので、逆に書き切れてないというか、なんというか。
 高柳がなぜ一人称か。ゴールデン・クルーの残り二人、斉藤と飛竜の一人称が混ざっていく3部作にしようっつーしょがもない野心の所為です。
 仕事も忙しく、ほかにも中途半端にほっぽってる作品に戻ろうかと思ってますので、いつとっかかれるかは全くもって不明ですが、たしかにこの作品に付いてみれば意味がない‥‥デスネ。

[343] 感想・・・まではいかない Name:四十万 Date:2008/10/31(金) 01:15
残念だが、期限内に読み切れない。
でも、関係なく読んで行くつもりである。面白い、昔のSF(日本)を読んでいるような・・・ただし、この内容ではもう少し短くてもよかったのではないだろうか?


[360] RE:ザ・ライダー・プール Name:俊衛門 Date:2008/10/31(金) 21:00
長さを感じさせない、味のある話でした。まず、全編に散りばめられた科学的考証の確かさがすごいです。あまり物理とかは得意じゃない、というか思いっきり専門外なんですが……そんな自分でも、プールの臨場感が伝わる、確かな描写を感じました。

登場人物もまた魅力的ですねえ。タカさんと歩の掛けあいには笑いました。緊迫したシーンに、ちょっとこういうやり取りが入ると丁度いい息抜きになります。気になったのは、別にタカさんだけ一人称にする必要なかったかもしれないなと感じましたが、まあそうした諸々を差っ引いても面白かったです。


[397] 感想 Name:天崎剣 Date:2009/03/15(日) 17:44
大変遅くなりました!
さて、感想です。

いったい、この伏線はどこで回収させるつもりなんだろう、と思うくらい最初に色々とちりばめられていて、いろんな意味でドキドキしましたが、なるほど、上手く纏まっていました。この辺は、書き慣れているか否かによるのでしょうね。
ただ、もう少し纏められたかな、と思う箇所もあって、……その辺は、好みの問題だと思うので、さておき。面白かったです。
一人称と三人称がコロコロと変わり、更に一人称もタカさんだけじゃなく数人入れ替わり立ち替わりだったので面食らいました。WEBだと、こういう手法はわかりづらいと毛嫌いされがちらしいです。(私も以前使っていたのですけど)

もしかしたら、それほど重要でないんじゃないかと思われる出来事が後で最重要になるという構成は、上手い! と唸りましたね。
特に、子供たち。最初の登場から、次の登場(もしかしたら子供たちが危ないかもしれないというあたり)までが長く、どうしてこんな風に間延びしちゃったんだろうと思いましたが、その間に書きたいことが山積みだったんだなぁとじょーもんさんの心境を思い浮かべながら読んでました。やたらと戦隊ものがでてくるので、これは何に使うんだろうと思ったら! 必要ですね、必要に違いない、そう思わせてくれる。

登場人物の魅力は、皆さんが語っているとおりで、目の前にいたとしたら惚れてしまいそうなメンツばかりだったと思います。上手いなぁ。
キャラクターがこれだけ出てきているのに、誰一人「死んでない」。生か死か、ではなく、キャラクターとして生き生きしている、と言う意味ですよ。
最後のオチも決まっていて、これはもう、読了後にさっぱり出来る、最高の話だと思いました。お見事!



  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace