<空想科学祭>レビュー・感想掲示板


[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[13] ラプラスの魔女  葛城炯 Name:葛城炯 HOME Date:2008/09/01(月) 20:18 [ 返信 ]
【タイトル】ラプラスの魔女
【形式】短編
【作品URL】http://ncode.syosetu.com/n9784e/
【あらすじ】オレの宇宙船が壊れやがった。軌道は……地球へ一直線。その時、モニターに顕れたのが……自分の命と地球、どっちを選ぶ?

【ひとこと】初めまして。葛城炯というP.N.で
書かせて頂いてます。元々はニフティにありましたSFフォーラムで拙い作をUPしてました。宜しくお願いします。
【評価・感想】甘口辛口問いません。

[16] れびゅー Name:卓紙幣 Date:2008/09/01(月) 23:46
最初、ガラの悪いパイロットだなーと思ったが、じつは死ぬ目にあっていたとは知らなかった。スマン!
それにしても、これはまさに究極の2択だ!(じつは4択か?)自分なら恐らくどっちも選べずに頭を抱えてしまうことだろう。
ハッピーエンドで終わって本当に良かった。(ヤバッ、ネタバレ……)


[126] 感想かもしれない。 Name:みに丸 Date:2008/10/10(金) 23:09
人は、『する』か『しない』か。常に選択を迫られる生き物。1/2という確率が上手く物語に織り込んであるのが読中でよい感じを受けました。どれを選んでも展開がどうなるんだろうかと読む手が止まりませんね。
ただ、せっかくの科学的知識をお持ちながらも、もう少しそれを背景として書き込んでもいいのではと思いました。敢えて例えば『ラプラス』は何故魔女なのか。読みとれはしますが、せっかくタイトルに出してあるのですから、もっと前面に出してきてもよいのでは? と。
個人的にロボット工学第0条をふと何処かで目にしたのが思い出されましたが、宇宙全体未来をとるのか、それとも個人だけの小規模をとるのか。どちらかがよいだろうという訳ではなく、実行するのはどちらなのか。
1/2という選択は、人間にとってとても恐怖ですね。
そんなことを改めて考えてしまった作品でした。


[129] RE:ラプラスの魔女  葛城炯 Name:葛城 炯 HOME Date:2008/10/12(日) 08:27
 読んで頂いてありがとうございます。

 >卓紙幣さん
 ネタバレして頂くほどに楽しんでいただいてありがとうございます。

 >みに丸さん
 もう少し書き込んだ方が良かったのかも知れません。
 「ラプラス」があのり人気がないのは私にも吃驚でした。
 加筆修正方法が見つかりましたら直したいと思っています。
 ではまた・・・

[256] RE:ラプラスの魔女  葛城炯 Name:mintel Date:2008/10/25(土) 17:37
 あなたの命と人類の命運、どちらを選んでも確率は1/2と囁く謎の少女=魔女と主人公たちのとの問答、その後の顛末を描いた短編。
 他の作品も、それぞれは一応独立してるので、どれか1つだけ読んでも問題なし。でも微妙に連動してるので、最初から順に読んでいくほうがいいかも。
 ネタとしては面白いし、好きな人は好きだと思うんだけど、なーんか作者にうまくだまされてる気がするのは私だけなのかなあ(笑)


[259] RE:ラプラスの魔女  葛城炯 Name:藤村香穂里 Date:2008/10/25(土) 20:14
SFのセンスのない私には、俺の思考と共に読み解くのが困難でしたが、世界観は充分楽しめました。
究極の選択をクールに淡々と語るラプラスの魔女。主人公とのやり取りに緊張感が走ります。

多分、大丈夫なのだろうと思いながら、読みましたが、結末もきれいに決まっていて良かったです。


[287] 感想 Name:天崎剣 Date:2008/10/26(日) 23:05
こういう、読者も頭を使わないと読めないような作品は描くのが難しいと思う。
読者に条件を与え、考えさせながら物語を進める。専門用語もあるし、図もないからしっかりと描かないと混乱させてしまう恐れもある。
それでも、この話を書き続けていく葛城さん、すごいと素直に思います。
他の感想でも書いたとおり、私には宇宙モノはかけないので、ただただ頷くばかり。
しかもこの少女がシリーズとなって延々投稿されるなんて最初は思ってもみなかったため、リスト更新するたびに、「コレが最後だろう」と高をくくっていた自分が恥ずかしい。
1/2、なるほど。ちなみに、私には何がなるほどだかさっぱり分からなかったという……(遠い目


[294] RE:ラプラスの魔女  葛城炯 Name:葛城 炯 Date:2008/10/27(月) 19:52
 ありがとうございます。

 >mintelさん
 私の場合、現実にIFを持ち込むのが創作の始まりですから、読者を騙すのが作風なのかも知れません。
 騙されていただいてありがとうございます。

 >藤村香穂里さん
 ありがとうございます。
 読後感は大事にしています。
 基本的に私の作品で後味の悪いのは……そんなにはないはずです。
 ……たぶん。

 >天崎剣さん
 元々がニフティのSFフォーラムで書いていた私にとって「空想科学祭」は久々のSF発表〜と空回りしてしまった感は否めません。
 皆様の反応やら、自分の空回りの余力やらで随分と飛ばしてしまいました。
 今は何も(アイディアは)出て来ません。
 ありがとうございました。

[350] 感想のつもり Name:あゆみかん Date:2008/10/31(金) 10:01
面白いじゃないですか(笑)。もし読み手を選ぶなら、私は好みです(大笑)。少しだけ感想を失礼します。
6まで読みました。1はこれはこれで短編とした感じが。2と続き3でまとまり、4からは外話となっていくんでしょうか(後書きにも書かれてましたが)。4話あたりからはキャラが立ってくるからか読みやすくなってきていますね。
何処に感想つけてみようかなと思いましたが、読者様の参考程度にという事でこちらに。

1/2の確率と選択と月の鉱石、空間跳躍に時間跳躍、さらに虚数次元まで話が発展しこんにちは。作家様も楽しんで書かれているのかが窺えるようです。
どれにも興味ありますが(専門ではないですけどね汗)、個人的に好きなのは1か3かなーと思ったりです。地味ーな科学者達の隠された数々の努力や苦労、苦悩。生涯。考えてしまうといつも切なくなってしまいます。
でも選択はしなければいけない。第3の道があるのか、それとも確率は1/2ではなくなるのか……やはり次元が……いやもうどーでもいいんですけど(苦笑)。

4からはキャラクターで楽しめました。何気にラプラスがツッコんでる。地味に笑ってしまいました。
面白かったです。執筆お疲れ様でした。


[359] RE:ラプラスの魔女  葛城炯 Name:葛城 炯 Date:2008/10/31(金) 18:47
 >あゆみかん さん

 ありがとうございます。
 4以降は自己パロデイです。
 いや、あまり深刻なのを書くのが疲れたというわけではなく……(以下略)
 3が良いという感想は珍しいかも知れません。
 やっと苦労が報われたような気がします。

 ありがとうございました。


  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace