<空想科学祭>レビュー・感想掲示板


[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[137] ボクっ娘!/桜坂 世蹴 Name:天崎@管理人 HOME Date:2008/10/14(火) 23:51 [ 返信 ]
【タイトル】ボクっ娘!
【作品URL】http://ncode.syosetu.com/n2648f/
【あらすじ】
今日の夕方に隕石が落下する、という意味不な設定と説明不足が作り上げあげる見事なくそったれ物語。
見てもむかつくだけだよ。
※注※作者は自重と言う言葉を知っていますが実行しません。
【ひとこと】KYでしたね。これはあれです。スマンです。SFでもなんでも無いので…
      無理はするもんじゃないよ…
【評価・感想】トラウマになら無い程度でお願いします。


[141] れびゅー Name:卓紙幣 Date:2008/10/15(水) 20:55
もし嘘だと思うなら試してみてほしい。脈略のないストーリーって書けそうで書けないものだ。たとえムリヤリ書いてみたとしても、やっぱり何だか面白くない。とにかくセンスというものが問われてしまうのだ。
その昔、マニアに崇拝されたコミック誌『ガロ』には、実にアブナイ作家たちのアバンギャルドな作品が、ストリートで露天商人が売るアクセサリーみたいにずらりと並んでいた。
普段から常識や理性、固定観念といったものに囚われがちな我々の固い頭には、とても効果的なカンフル剤になったのだ。
さて、この作品だが、前述のように脈絡なくストーリーが展開してゆくが、知らないうちに読み手を話に引き込む不思議な魅力があり、ハルマゲドン的な内容にもかかわらず読み終えてみて何とも妙に心地よい後味が残る。SFなのだから、かりに作者が「ありません!」と言ったって、やはりそこには何らかのメッセージがあるのだろう、それを推量してみるのも面白い。人類最後の日に、得体の知れない可愛い女の子と飲むジュースの味はどんなだろう? 
ちょっぴりほろ苦いのかもしれない。


[162] 感想 Name:四十万 Date:2008/10/18(土) 21:06
 作者はやたら自嘲するが、これも期限ギリギリで課題をクリアしたからだろうか、それとも予め批判を予測しての防衛線だろうか。
 私は作者が作品に対し自己主張することが大嫌いな手合いである。だから後書きが3行以上あったらその作者の次回作は読みたくなくなる手合いである。だから覚悟、予防線を張った世蹴クン!

・・・面白・・・面白いじゃないか(笑)

 シュールまで至らない中途半端さといい、開き直った筆の飛ばし具合といい、本当にナンセンスだ。
 でもね、地球最後の日に海に行って、カワイイあの子を隣に最後の瞬間まで過ごす、っていうのは、妙にリアリティがある。 ボクっ娘から見たら逆パターンで、イケメン隣に最後を迎えるってパターンなのだ。まあ、そこいらの手近で済ませたんだろうけれど。
SFの古典的“最後の日”作品にも似た様な場面は出て来る。
所詮、人間はそういう生き物なのだろう。


[216] 感想 Name:天崎剣 Date:2008/10/22(水) 05:34
そうね、世界が崩壊するときぐらいやりたい放題やるのもいいかもね。破滅の序曲が流れてきても、だからなんだよと言って好き勝手に振舞う。そう、彼女の如く。
支離滅裂だけど、うん、こういうのも、アリ?
頭の中では萌え系の少年漫画の絵が出てました。(ちなみに、私には萌え絵は描けません。でも、挑戦してみようかなとさえ思えてしまったw)


[257] 感想のつも……り Name:あゆみかん Date:2008/10/25(土) 19:24
も、萌え? ナンセンス……なのか??
ああわからない。わからないけれど感想を書きたくなったのは何故だろう。作家様の罠?
ひょっとして中途半端さがよからぬ味を引き出したのでは……謎。
(- -)とにかく笑いました。


[258] RE:ボクっ娘!/桜坂 世蹴 Name:藤村香穂里 Date:2008/10/25(土) 20:08
切れのいい文章や、掛け合いのテンポが、読みやすい。

奇妙な世界観を味あわせていただきました。

隕石が落ちるような事になった日には、かわいい不法侵入者がやってきて、ついでに海へも行く……。
多分、みんな滅茶苦茶やっているから、何が起こっても不思議じゃない。

なんともいい味を出していて、和みました。


[265] RE:ボクっ娘!/桜坂 世蹴 Name:びっきゅじ Date:2008/10/25(土) 23:41
 物議を醸している(!?)この問題作にレビューをば。
 文章は平板で読みやすく、特に隕石が落ちてくるという部分しかSFらしい要素もないのでSFが苦手(自分)な人にも読みやすい作品でした。
 内容はといえば、うん、まぁ、アレです。どうってことない(いや、主人公達には大ありなんですが)平凡な日常(!?)を描いている作品です。なんというか、もう世界の終わりなのに、のほほんとした雰囲気が凄いです。
 萌えの一点突破を狙った作品が、まさかSF祭で読めるとは思っていなかったのでこれはいい不意打ちです。


[354] RE:ボクっ娘!/桜坂 世蹴 Name:じょーもん Date:2008/10/31(金) 11:22
 誰彼かまわす作品を類型化したがる、極道を覚悟でいわせていただければ(物書きやってる人間で、○○バリと言われて喜ぶ人間を私は寡聞にして知らない)、ズバリ、あろひろし。行く先は「ぶぎうぎアリゲーター」あたりか。

 隕石が落ちてくる。問答無用だ。誰が何といおうが落ちてくるんだから、ここには。約束もあるが時間もないが、なんだかしらんけど、海に居たりする。無秩序で強引。だからどーなんだと、敢えて落ちすら狙わない潔さは気持ちいいし、真似して書ける作品でもない。因みに私は「あろ」氏のふぁんである。

[369] RE:ボクっ娘!/桜坂 世蹴 Name:俊衛門 Date:2008/10/31(金) 23:39
隕石が落ちる、ってシリアスな展開になるかと思いきや。いや、うん最後の最後ぐらい、好きにやってもいいよね?

ボクっ娘は、ツンデレ娘の次に好物ですw



  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace