<空想科学祭>レビュー・感想掲示板


[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[49] 滅んだ青い星のその後 Name:JT HOME Date:2008/09/10(水) 19:44 [ 返信 ]
【タイトル】滅んだ青い星のその後
【掲載形式】短編
【URL】http://ncode.syosetu.com/n0396f/
【あらすじ】ある青い星は滅んだ。その星を自転車で走るアンドロイドと幼い少女の短い旅のお話。
【コメント】書き終わったあとに冷汗をかいてしまいましたが、何とか形になった気がします。
【評価・感想】甘口辛口問いません。


[50] れびゅー Name:卓紙幣 Date:2008/09/10(水) 22:34
青い空の下、少女を後ろに乗せたまま地平線の果てに向かって自転車をこぐアンドロイド……。なんてファンタジックな情景なんだろう。使命に忠実なアンドロイドと無垢な少女の間には、極めて純粋な信頼関係しか存在しない。
途中、凶悪そうな戦車と遭遇したりするが戦闘シーンが一切無いところに作者のピースフルな精神がうかがえる。
最後のお別れはずいぶんあっさりしているが、そこが逆に意味深な感慨をもたらし、なぜかいつまでも心に残る作品だ。


[51] RE:滅んだ青い星のその後 Name:初根 Date:2008/09/10(水) 23:03
いいお話でした。
人造物と少女の会話にも、余計なものが一切なく、そのおかげですんなりと世界に浸ることが出来ました。

荒涼とした世界でひたすらペダルをこぐアンドロイドという設定も面白く、変に戦闘シーンを入れないことで、全てが終わってしまった静穏な世界を想像しやすかったです。

終わりもいい。
色々書くとネタバレになるので控えますが、最後三行辺りは、胸に来るものがありました。

では乱文失礼致しました。


[64] レビューでごじゃる Name:俺ンジャー Date:2008/09/16(火) 00:24
余韻を残す作品。
シンプルな文章の書き方には少々言い回しで引っかかりを覚えたが、まあ気にする程度でもない。ネタばれになるのであまり言えないが、素朴な世界観に じんわりときてしまった。
ひと休みの時にでも読んでみたらいいかもしれない。


[69] RE:滅んだ青い星のその後 Name:藤村香穂里 HOME Date:2008/09/17(水) 17:52
 赤い大地と青い空のコントラスト。広大な風景が映像となって浮かびました。
 長編のワンシーンを見ているようです。
 少女との会話にアンドロイドと人間がずっと平和的に共存できるかのような錯覚を抱いたのですが、最後に自分から機能を停止させたクラウに切なさを感じました。


[202] 感想 Name:天崎剣 Date:2008/10/21(火) 01:41
少女に何があったのか、詳しいことは分からないけど、その無垢さに救われる。アンドロイドのクラウの優しさにも。
広大な赤い大地を自転車で駆け抜けるってのは、なかなか気持ちよさそう。それだけで絵になる。
とにかく、作品全体に女性的な優しさが詰まっていて、幻想的。だけど、SF的な世界観や設定は失わないんですね。

気になるのは、物語の起承転結(話の起伏)が上手く練られていないところ。
敵らしき何かとの対峙、緊張感のある見せ場が盛り上がらなかったところや、大提督との会話で少女の今後の行く末を案じる場面での話のふくらみが少ないことは、読み終わってからの物足りなさがありました。
物語と言うか、エピソードをくっつけただけになってしまっているような気がします。話をいくつかにわけ、矢印で示したとき、(つまり、箱書きに直したとき)何を見せ場にしたいのかがはっきりしない。設定、キャラクターのみが先行して、話の中で訴えたいことが見えてきませんでした。
ですが、キャラクターは魅力的で生き生きとしていて、もっと先が読みたい、もっと書き込んで欲しいと思わせる作品でした。


[355] RE:滅んだ青い星のその後 Name:じょーもん Date:2008/10/31(金) 11:49
 押しかけ校正人モードでまず一点だけ。「ゾール」が正しいかと思われますが、「ズールと呼ばれた人のような生物は」の箇所、速攻訂正をおすすめします。

 滅んだ青い星の中に、生き残った人がいて(なぜに生命を維持できていたのかまでは言及していないが)、ただその愛しむべき存在を自転車に乗せて荒涼とした風景を走り抜けるの図は美しく詩情に溢れている。

 これは好みの問題なので読み捨てておいていただいてかまわないが、敢えて登場人(?)物たちの本名まで作中で出さなくてもいいのではないかという気もした。登場人物の確定に記号がなくても十分な場合、作者の心の中だけに敢えておいておくことも小技だが有効かと愚考する。(クラちゃんがクラウであること、そしてNo.00994に過ぎないことを、読者は果たして知る必要があるのかということです、はい)
 これもまた好みの問題に過ぎないが、敢えて緊迫感がある場所(敵の組織の存在の気配とかね)作る必要があったのかということ。小さい生き物にとって荒涼漠とした砂漠自体が脅威であるような形で緊迫感を出すこともできたのではないかと)

 私の意見は管理人様のいうことと全く逆ですねぇ。敢えて起伏を付けようとしない方が、寂寥感が前面に出てもっと洗練される気がしたのですが‥‥。短編をかけないくせにえらそーにすみません。

[361] RE:滅んだ青い星のその後 Name:俊衛門 Date:2008/10/31(金) 21:04
幻想的で物悲しい雰囲気にやられました。アンドロイドと少女の会話や交流もストレートかつ情緒豊かで胸に迫るものがあります。ただ、もう少し長くゆったり見せても良かったかなと感じましたが、これはまあ好みの問題なので。

執筆お疲れ様でした。


[368] 感想 Name:四十万代理 Date:2008/10/31(金) 23:38
あ、え・・・後少しでも感想書けなかったもの、お前が書け、との伝言で書きます。
あ・・・シジマとはキャラは完全に違いますので、お許しを・・・って書かないから頼んだのに;;;

 それはいいとして、感想です。
 綺麗なお話です。自転車で荒廃した星を行く、その設定も詩的で、端的な描写から情景が浮かびます。美しい。SFってこの描写あって、ですよね。ユウという女の子の無邪気さが作品に厚みを与えます。
 ひとつだけ、やはり、というか、淡々と流れるなかで、ひと捻りや多少の『重み』があるシーンがあってもいいかな、と。
でもいい出来だと思いますよ。


[380] レビュー返しです Name:JT Date:2008/11/02(日) 15:08
皆様、レビューありがとうございました。
ここでは返事は返すべきか迷いましたが、終わったあとなので一機に返そうかと思います。

>卓紙幣さん
記憶の無い少女はなるべく無垢であるように努力しました。純粋な信頼関係も、どうしたらそんな物が生まれるかも必死に考えました。
ピースフルかどうかは、まあ、良いとして、戦闘シーンは入れるべきではないと判断させていただきました。でもあっさりしすぎかしら?
それは兎も角、ありがとうございました!

>初根さん
初根さんには感想の方でも書いていただいて、本当に嬉しかったです。
静かな雰囲気にはしたかったのですが、やはりあっさりさっぱりしすぎかしらと心配です。というか、しすぎですね。
何はともあれ、レビューありがとうございました!

>俺ンジャーさん
言い回しか……なるほど確かに。以後の作品では気をつけたいと思います。
素朴ですか、素朴、いい言葉です…。文章量も少ないですから、俺ンジャーさんが言うみたいに一休みの時に偶然見つけて読んで貰って満足してもらえるのが私の望みですね。そういう作家になりたいものです。
レビューありがとうございました!

>藤村香穂里さん
長編かあ、書いてみたいなあ………と、失礼。
その世界がご想像いただけたのは嬉しい限りです。
ずっと平和的に、というのは恐らく不可能なんでしょうね。その二人の仲でも、リアルでも。
とりあえず、レビューありがとうございます!

>天崎剣様(企画主催者様という事でさま付け)
女性的な優しさと幻想的ですか、確かによくよく考えなくてもわかる事ですが、SFっぽくない雰囲気なのになぜかSFになってる。一応SFですけど、みたいな。
起承転結は、現在修行中です。なにせプロット書かずに衝動みたいなので仕上げてしまったので…。
内容はやっぱり薄すぎですね。以後、気をつけます。
いつか、これを下敷きにした長編を書いてみたいとは思います。
レビューありがとうございました。
あと、まだまだ忙しいかとは思いますが、お疲れ様でした。
私は♂です。念のため。

>じょーもんさん
誤字、訂正しました。ご指摘ありがとうございます。
むう、確かに無駄が多い。名前は出すべきか一応迷ったのですが、私は名前が好きなので出してしまいました。
ナンバーを出したのは、まあ、そういうのが好きなだけですので…。
他人の意見というのは非常に参考になりますね。見方は逆でも、どちらも考えとしては納得してしまいます。
レビューありがとうございました。

>俊衛門さん
ですねー、やっぱり短編並に内容も増やせばよかったなあ。あ、書くことが殆ど無い…。
とりあえず、俊衛門さんも執筆お疲れ様でした。
レビューありがとうございました。

>四十万代理
…はははは(話の内容が掴めてない)
詩的と言うのはやっぱり嬉しいですね。ええ。
重みが無いというのは、とても納得できます。ええ。
それはもう、悔しいくらいに。
それは兎も角、レビューありがとうございました!

皆様、本当にありがとうございましたですます。



  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace