<空想科学祭>レビュー・感想掲示板


[ HOME一覧表示ツリー表示トピック表示新規投稿記事検索記事修正・削除携帯用URL管理用 ]


[60] 占い師レイカ Name:藤村香穂里 HOME Date:2008/09/15(月) 18:52 [ 返信 ]
【作品タイトル】占い師レイカ
【掲載形式】掌編
【URL】 http://ncode.syosetu.com/n0790f/

はじめて書いたSFに心臓バクバクしております。
一言感想でかまいませんので、よろしくお願いいたします。


[61] れびゅー Name:卓紙幣 Date:2008/09/15(月) 21:01
こういう面白いストーリーは、どうやったら思いつくのだろう? どちらかというとオカルト的な題材のドッペルゲンガーを科学的根拠で裏付けしてSFに仕立てるとは……。掌編小説やショートショートは、少ない文章でバランスよく話を構成するテクニックが求められるが、この作品は、起承転結が実によく出来ている。
デジャ・ヴという現象が脳の混乱によって生じるように、臨死体験やドッペルゲンガーのも脳の混乱が作り出すものだという説は本当だろうか? それでは、あまりにも夢がないので私は異次元説に一票投じたい。
ところで、質量保存の法則でいうなら、一番初めに麗華が消えた世界はどうなるのだろう? 順繰りと巡り巡って、最後にどこかの次元の別な麗華が穴埋めするのだろうか? う〜ん……シュールだ。


[77] RE:占い師レイカ Name:雪鈴るな HOME Date:2008/09/21(日) 12:49
それぞれ同じ容姿をした人間が存在し、互いに交わることなく均衡を保っている平行世界。
昔は、レイカのようにもし出会ってしまったら、均衡が崩れ大爆発が起こるといわれていました。
それがある日、物質世界は多少の変化に対応できるくらいの柔軟さはあるという意見が切っ掛けで、今ではいろいろな説が増えています。
同じ人物を描写するのは大変だったと思います。
難しい課題に取り組まれましたね。
執筆お疲れ様でした。
今後のご活躍と発展をお祈り申し上げます。


[98] 感想です。(レビューではないのでネタバレです) Name:冬城カナエ Date:2008/09/27(土) 17:07
こんにちわ。冬城カナエです。
時間を見つけてはチマチマと読ませていただいています。

いやあ、これは一本取られたなって感じで面白かったです(^^)。
とくにドッペルゲンガーのことを、エネルギー保存の法則で説明してるところが、すっごくクールですね(!)ステキです。
なるほどね〜と、唸りました。
ここが一番面白かったです。

で、結局いろいろ小難しいこと言いつつも、「アディオス!」と言って笑う麗華のズルさが好きです。

ループする物語といえば、手塚治虫の「火の鳥─異形編─」を思い出しました。ご存知ですか?
(や、こちらの小説とはゼンゼン違う話ですからご安心を)
掌編ならではの構成を楽しませていただきました。


[103] 感想を書かせていただきます。 Name:朱人 MAIL Date:2008/09/28(日) 21:08
ストーリーの構成力が凄いと思いました。特に僕は、平行世界という言葉が大好きで、ワクワクしてしまいました。

[119] レビュー、感想ありがとうございました。 Name:藤村香穂里 HOME Date:2008/10/07(火) 00:27
>卓紙幣様
この作品は、連載を書こうとしてひょっこり浮かびました。こんなアプローチのほうが平行世界は書き易いのだなと発見。ドッペルなので、自分と瓜二つの人間にのみ、質量保存の法則が発動したら、辻褄があうのかなぁと思っています。

>雪鈴るな様
大爆発が起こるとの説は知りませんでした。
歴史はは、枝分かれして修正されてしまうので、タイムパラドックスは起こらないと言うのは読んだのですが。
扱い方に工夫を要する難しいテーマでした。

>冬城カナエ様
「火の鳥─異形編─」は、知らなかったです。
全然、違う話との事でほっとしています。
エネルギー保存の法則の説明が、SFさせようとした肝なので、まとまったようでほっとしました。
「アディオス」は思い付きなのですが、麗華の余裕みたいなものが表現できればと思いました。

>朱人様
私も平行世界と言う言葉は大好きです。
構成をほめていただきありがとうございました。

皆様方には、レビュー、感想どうもありがとうございました。
こうして、ご意見をいただき、ほんとにSF企画に参加したんだなぁと、感慨深いです。


[175] 感想です。 Name:オトハ Date:2008/10/20(月) 02:06
拝読致しました。
世にも奇妙な物語、を見たような気分でした。
あまりSSを読んだことがないんですが、私の想像するSSのバランスで書かれている、スタイルが良い作品だったと思います。
ちょこっと説明してるセリフが長く感じはしたけど、意図的なのかな〜と思ったりでした。
面白かったです。執筆お疲れ様でした。


[187] RE:占い師レイカ Name:俊衛門 Date:2008/10/20(月) 14:23
平行世界という響きだけで、なんかもうSFですよね。実際、別の世界にもう一人自分がいるんじゃないかと思う、それだけでこう、沸き立つものがありますものw 占い師、という設定も怪しさをかもし出していて、案外街の片隅に異次元への入り口が存在するのかも、などと想像すると楽しいです。

澪がもうひとつの世界で、もう一人の自分に会えたのかどうか、会えたとしたらそのもう一人がまた別の世界に行って、そこで占い師をやって、またもう一人と出会って……無限ループって、考えてみたら怖いですねw


[208] RE:占い師レイカ Name:酢コンブ Date:2008/10/21(火) 19:09
安定した文章と無駄のない構成が良かったです。
時間に関する不思議さというのは、SFの中でも原点のような気がします。
SF初心者でも楽しく読めました。


[213] 感想 Name:天崎剣 Date:2008/10/22(水) 05:05
ドッペルゲンガーをこんな風に使うとは、お見事!
怪しい幻想的な雰囲気も原理の説明も、自然ですっと入り込めます。
冬城さんじゃないですが、確かにコレは異形編に通ずるところがあるわ、などと思ってしまいます。
いつまでも繰り返し繰り返し。澪が次に麗華に出会えるのは、ホント、いつなんでしょうね……。


[229] RE:占い師レイカ Name:mintel Date:2008/10/23(木) 18:08
 このタイトルで、この切り出しで、よくぞSFに仕上げました!
 発想が面白い。


[250] 感想お礼 Name:藤村香穂里 Date:2008/10/25(土) 08:26
>オトハ様
SSは、端的にまとめなくてはいけないので、長編が多い私には不安のあるものでしたが、バランスがいいとのコメントにほっとしました。
長い台詞は意図的にしました。
私は、元々、一文が短いので、薀蓄が必要なSFでは、初の長台詞が使えるかもと思ったのです。
面白かったと言っていただけて、嬉しいです。どうもありがとうございました。

>俊衛門様
平行世界の題材は、SFでは定番ですよね。
確認は出来ませんが、実際、この世界にとてもよく似た別の世界はきっとあるのだろうなと思っています。
そして、目には見えないけど、異次元の入り口って、たぶんそこかしこにあるのだとも思います。
ドッペルゲンガーと異世界と質量保存の法則を繋げるのには、水晶玉占い師がもっとも適切でした。怪しげな雰囲気作りも出来ますし。お読みいただき、ありがとうございました。

>酢コンブ様
SSに不参がありましたが、文章と構成を褒めていただき、ありがとうございます。
SFと言ったら、真っ先にタイムトラベルものが浮かびます。
「時かけ」などを読んでいたので、私にとってSFと言えばやはり、これなのです。
楽しくお読みいただいたとの事でありがとうございました。

>天崎様
ストーリーを考えるより先にSF薀蓄館など参考にしながら、どれで行くか考えていました。
SFは相当な知識を要するので、私に書けそうなのはタイムトラベルものしかなく、参考にした書籍から題材を引っ張ってきて、こじつけられそうなものを考えた時にドッペルが浮かびました。
残念な事に異形編を読んだ事が無いのです。
無限ループで、天崎さんの大人の夏ホラーを思い出しました。
感想をどうもありがとうございました。

>mintel様
もやもやとした内容と共にタイトルはこれしかないと、浮かびました。
発想が面白いと言っていただき、嬉しいです。
SFのお祭りなので、私のように詳しくない者が、とっかかり易いSFが書けたらいいなと思って書きました。
ありがとうございました。


[340] 感想 Name:四十万 Date:2008/10/31(金) 00:15
誰かも書いていたが、起承転結きっちり見せてくれる、掌編や4コマ漫画はこうやって書きましょう的な作品だ。 それだけに、麗華が自分の存在を澪に説明するシーンが俄然目を引いてしまい(つまり転、サビの部分ね)、ちょっと引ける。
 質量保存がドッペルゲンガーの“玉突き”となって、まるであの井戸から出てくる女の呪のビデオの話の様な連鎖の話となって・・・と、SFというよりタモリが案内人のあのTV小話シリーズの様なお話に・・・それはそれで面白かったが。


[381] 感想お礼 Name:藤村香穂里 Date:2008/11/02(日) 20:01
>四十万様

正直なところ、起承転結を意識してもいず、普通に書き始めたので、転の部分がインパクトありすぎと、自分でも思っていました。
SFに詳しくないがために、SF的なエッセンスをサビに集中して詰め込みました。
なので、奇妙な話ちっくになってしまったのです。
参考になる感想をどうもありがとうございました。



  



無料レンタル掲示板・日記・ブログ WebSpace